カバー画像

浪費が治らない場合の対策

昔から、流行りなどに流されるタイプだったので、新しいものやメディアやインターネットではでに宣伝しているものがあると、あまり考えもせずに商品を購入してみたり、友人たちとテレビで人気のお店などに出かけてしまうこともあり、バイトなどをしてある程度稼いでいても、すぐにお小遣いが足りなくなってしまうのが悩みの種でした。
学生の頃は、それでも実家暮らしだったため、生活自体は親の世話になっていたため遊ぶためのお金だけ稼いでいればいいというような感覚で日々、過ごしていましたが、大人になり親元を離れ、一人暮らしを始めてからはかなり苦労しました。
浪費癖が治らないため、どうしても流行りに流されてしまう、いろいろと無駄遣いをしてしまうことで働いてはいても支出がどんどん膨らみ、生活費なども削りながらギリギリの生活が続きました。

 

職場で同僚であり、プライベートでは友人でも人からその生活状況について改善したほうがいいといわれ、自分なりになんとかこの状況から抜け出すために、頑張ろうと決意しました。
友人のアドバイスとして、欲しいものを一度リスト化してみることにしました。
欲しいものをすぐに買うのではなく、リスト化して本当に必要かどうかという点を考えてから購入するというパターンです。
これがかなり浪費を防ぐことになりました。
実際に、リスト化して少しの期間、欲しいものを買わずに冷静に考えてみると実際その商品が欲しいという気がなくなるためです。
メディア、インターネットなどでみた直後というのは、宣伝効果などの影響で気分が高揚してしまい、つい、買ってしまうという状況でした。
これが、一度リスト化してワンテンポ購入を遅らせることで、気持ちがさめ、冷静に考えられるようになるのです。
そのため、このやり方でかなり浪費を防ぐことができました。

 

現在では、ある程度生活にもゆとりが出てきたため、少し金銭的に余裕がある場合には貯金などもしています。
今でも当時働いていた職場の友人には感謝しています。