カバー画像

知らず知らずのうちに浪費して借金が増えました。

大学生になって地方の農村にある実家から、いきなり大都市にある都心の大学に入学して都会で独り暮らしを始めました。
始めは奨学金も借りていたので、木造の築45年を超える郊外のボロアパートで暮らして、アルバイトをしながら苦学生のような生活をしてました。

 

だけど暫くするとこれじゃ何のために大学生になったのか解らないと思って、女子が多いナンパ系の軟式テニスサークルに入会しました。
そこに入会したのが今振り返ると浪費と借金暮らしのスタートラインで、まずは周りの女子メンバーにモテている男子と同じ格好をすれば、自分もモテると思ってデパートに買いに行ったら上下全部揃えるのに15万円掛かる事が解りました。
大学に入学する時に親に、何か困った時に使うようにと渡された50万円があったので、使っても35万円も残るから大丈夫だと思って購入しました。
これまで苦学生のような生活をしていたのにいきなり、大金を使ったので罪悪感もありましたが、お金を浪費した時に同時に今まで感じた事のない高揚感もあり気分的にハイテンションになりました。
だけどまだ自分には良心があったので、苦学生のような節約生活をしなければならないという心と、あの浪費した時に味わった今まで経験した事のない高揚感のはざまでもがいてました。

 

そんな時に15万円で購入したファッションのおかげで、サークルでかわいい彼女ができました。
その彼女がかなりお金の掛かる女子で、デートの時には必ず高級なレストランを要求したきたり、プレゼントを買って欲しいと頻繁にせがまれてました。
付き合い始めの頃には親にもらった残りの35万円を切り崩して付き合い続けてましたが、2カ月もすると底をつきました。
周りの友達から別れた方がいいと言われましたが、彼女に惚れていたので別れる事が出来ずに、生活を切り詰めてバイトを増やして付き合い続けました。
バイトだけじゃ足りなくなって、いつの間にか消費者金融や闇金にまで手を出して気付いた時には借金まみれになってました。