カバー画像

浪費癖が一向に抜けない

浪費癖を直したいと思っているのですが、なかなか直すことができません。
小さな頃は家が厳しくて、お菓子一つ買うことを許されなかったので、その反動から大学に入ってバイトを始めてからは欲しいものがあるとすぐに買ってしまうようになりました。
その頃は実家にいましたから、お金がなくなっても食べ物に困ることもなければ住む場所に困ることもないので良かったのですが、卒業をして就職をし一人で暮らすようになってからは更に浪費癖はエスカレートすることになったのです。

 

実家にいた頃は、まだ親の目を気にしていた部分もありましたから、浪費癖と言っても可愛いものだったのですが、社会人になってまともな金額を稼ぐようになってからは、使えるお金もたくさんあると思ってしまってすぐにお金を使うようになってしまいました。
給料が出てから数日でお金がなくなってしまうということはしょっちゅうで、2週間もしないうちにその日の夕飯を心配しなければならないことも珍しいものではありませんでした。

 

そのようなことが続いたので少し学習をして、お金がなくなったときのための食料を備蓄しておくことにしたのですが、そこでもまた無駄にお金を使ってしまって、備蓄があるにもかかわらず安かったり気になる商品があれば買ってしまい、どんどんと溜まっていくようになったのです。
おかげでいざという時食べ物に困ることはなくなりましたが、飢えることがないと思うと無駄遣いをする余裕も生まれてしまうので、また別のところで浪費をするという悪循環を繰り返しています。
銀行口座の残高はほとんどが数百円程度で、給料が出ればすぐにおろしてなくなっていくという日々です。
借金こそしていないので今の所はこれ以上生活が苦しくなる兆しはありませんが、このまま行くといつか痛い目にあうだろうなと思って、早めになんとかしたいと考えています。
しかし、そのように思っていても欲しいものがあると我慢ができず、どうして良いのか悩んでいるところです。